日野自動車 期間従業員募集
FC2ブログ

2017 AVアンプ 変遷。

AVアンプ 変遷。に2015/10で一度「凍結」した時点までをまとめていましたが。

ULTRAHD再生のためだけに、無駄な買い物したので。追加しておきます。
記憶の範囲で、今までのAVアンプの変遷?をまとめておこうと思います。

記憶の範囲で、今までのAVアンプの変遷?をまとめておこうと思います。

購入年度サラウンド方式・新機能アンプメーカ・機種主な再生メディアch数参考定価
1990DOLBY SURROUND導入サンスイ?アンプレコード5.1不明
1995DOLBY PROLOGIC導入YAMAHA
DSP-A592
CD、LD5.1忘れた
2000DTS導入YAMAHA
DSP-A5
LD、DVD5.153,000円(税抜)
2002DTS-ES&DolbyEX導入ONKYO
TX-SA800
DVD7.1¥141,750
(税抜\135,000)
2007ドルビーTrueHD、DTS-HD導入ONKYO
TX-SA805
Blu-ray ,DVD9.1¥189,000
(税抜\180,000)
2009「Windows® 7」に対応。
9.1chAVアンプに外部2chアンプ設置
ONKYO
TX-NA1007
Blu-ray ,NET11.1¥262,500
(税別¥250,000) 
20103D ARC対応
9.1chAVアンプに外部2chアンプ設置
DENON
AVR-A100
Blu-ray ,NET11.1(税別¥294,000)
2015Dolby Atmos対応
11.1ch AVアンプ
ONKYO
TX-NR3030
Blu-ray ,NET
4K(非HDR対応)
11.1(税別¥320,000)
2017auro3D.Dolby Atmos,DTS:X対応
11.2ch AVアンプ
DENON
AVR-X6400H
Blu-ray ,NET.
4K(HDR対応)
11.1(税別¥300,000)

音響フォーマットの変化や、対応環境の変化で、AVアンプは、買換えが3-5年サイクル?なので。

あんまり高いAVアンプは、買わない方が無難???かもね・・・


今回はたった2年で交換だし。2020年のオリンピックでまた買い替えなのかなぁ・・・イヤだなぁ・・・

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する