日野自動車 期間従業員募集
FC2ブログ

さようなら。三菱プロジェクター

非常に残念なニュースを知った。

三菱電機のプロジェクター事業を終息
三菱PJ撤退
ホームシアター/ビジネス向けとも終了に(AV Watch)

>三菱電機はプロジェクタ事業から撤退した。ホームシアターと業務/ビジネス向けのいずれも事業終息する。

残念でなりません。

私がプロジェクターを始めたのは、LVP-L01からでした。
LVP-L01
4:3で非常に暗いプロジェクターでしたが、家庭で大画面で観れる感動を覚えた最初の機種でした。

その後。DLPの素晴らしさを知り、LVP-D1208に買換え。
LVP-D1208
投射角が物凄い事になっていたので、部屋のレイアウト全部作り直して、設置しなおしたのは、今思えばよき思い出です。

私の中では≪最強720p DLP》のLVP-D2010
LVP-D2010
定価\898,000と、ありえない価格していて、2003/11。プロジェクタ最高価格の買い物をしました。。。

懐かしいページが、まだ残っているようなので、書いておきます。http://www.geocities.jp/apo_1965_dts/TOP.html

ハイビジョン時代が訪れ、720pでは限界を感じてきた頃。
LVP-HC6000(液晶)に切り替えました。
LVP-HC6000

液晶ならではの「ノイズ」がどーしても気に入らず。
最後は3D化と併せて、LVP-HC3800へ。
LVP-HC3800
ミドルクラスプロジェクターでは、最強の3D表現だったと思います。
残念なのが2D性能・・・ひどすぎでした・・・

そこから先は、JVCに私も浮気し、X3、X30を経て最終的にはSONY VPL-HW50ES (B)へ。

時代が終わった。 っていう感じです・・・





スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する