この時期のせいだろうか。

フト、自分って何だろ?
と思う私ってヘン???

で、ネットサーフィンしてたら、こんなものが。
ちょっと古臭い感じもしますが。心理テスト

女らしさ男らしさを判定する心理テストです。
3種あります。

1.男脳・女脳判定テスト
2.女性性・男性性を測定するテスト
3.生物学的貴重性の視点からのテスト

私の結果は「やや男脳的,両性具有型,やや男性的です」
両性具有はなんとなく納得イカンが、こんなものなんでしょう。
スポンサーサイト

トレフィン。

最近のマンションは24時間換気があたりまえになっていますよね。
ウチもそうなっていますが。

そろそろ花粉症の方の辛い時期も終わりなのかもしれないですが。
フト、そーいえば秋に入れ替えたトレフィン。どーなってる?

こーなってました。。。
トレフィン使用前後。
凄過ぎ。真っ黒け。

半年って書いてあったけど、もっと短期で交換しないとウチはダメかも。。。

またまた、他人のふんどしで相撲とってるネタですが。

天国からの手紙に続いて。
今度は「初恋相手からの手紙」です。

初恋相手と連絡が取れたら面白いだろうなぁ。と思っていた矢先に見つけたので。

私が貰った手紙は以下です。
あぽ、元気にしてる?
今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?洗濯で縮んだって必死に言い訳していたあぽをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にあぽが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう28年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。ひさびさに友達に会ったときにあぽの話題になってなつかしかったので、思いつくままに手紙でも書こうかなって。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。あぽは、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでにあぽはおじいさんのように穏やかでした。

そういえば私にとっては9人目の彼氏でも、あぽにとっては初恋の相手なんですよね!今思い出した。そうそう、最初のころのあぽは「元カノからまだ連絡がくる。めんどくさい」なんて嘘ばっかり言ってて(笑)。妄想もそこまでいくかとこっちが恥ずかしくなったものです。

告白するときのあぽは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはあぽらしいとも思いました。

総括するなら、あぽと付き合えたことは、とても感謝しています。特にあぽとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はあぽが大好きでした。これからもあぽらしさを失わず、あと臭いジーパンは洗うようにして(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 手相で、生命線がやたら長いのを自慢していましたね。どうでもいいけど…。

コレ、意外と鋭い所掴んでると思うのは、私だけなんだろうなぁ。
のっけに出てる「長ズボンの丈は微妙に短いまま」なコトは一度も無いですし。
最後の「生命線が長い」なんてコトもなく。
こう書くとハズレばかりに思われるかもしれないですが。
楽しく読ませて頂きました。

そういえば、あの子。今は何をしているのだろう?