PONG(ポン)ATARI社。

「懐ゲー」。

携帯とかにも移植されたりしてますが。
今時の子供にはウケないとは思いつつ・・・

私の幼少時代??をアツくさせてくれたレトロゲームス。
2006年の今、逆に今の最新ゲームについていけない?ので、懐かしみつつ記録として残しておこうと思ったので、これから書き込みしていきたいと思います。
誰も見ないとは思いますが・・・

第一回:pong(ポン)
発表時期:1972年
pong

もう34年も前になるんですね・・・時代はあれから大きく様変わりしました。
でも、日本に登場したのは1973年だったと記憶しています。

開発元:米国アタリ社

記念すべきアーケードゲーム機の第1号とされています。
ゲーム内容:パドルを使用してボールを打ち返すことのみの、極めてシンプルなゲームでした。

母親に連れられ買い物に出かけた中、「屋上プレイランド」と書かれた場所に出かけた時「目」に入った「PONG」の文字。
なんだろう?と思い、覗き込むと白黒TVにジグザグに跳ね回る「白い点」が・・・
一定のリズムで単にジグザグに跳ね回っていただけなのに「見入った」記憶があります。

お金(当時でも100円/1PLAYでした)を入れ、パドルを動かして「白い点」にあてると動きが変わる!!!
感動して、何度もPLAYしました。
今の子供では絶対感動なんて起きないでしょうけどね・・・(笑)

正直、私はここからTVゲームの世界に、のめりこみました。

しばし時が過ぎた後でしたが、任天堂さんから発売された「TVゲーム15」を親に買ってもらうため、おもちゃ屋さんに居座り、初めて親に抵抗しました。(^^;
当時で15000円もした(今ならPSoneが買える)のですから、親も私に諦めさそうと必死?だったようです。
実家にはまだ動くモノとして多分あると思います。

久々に遊びたくなりましたが、今回はMAMEで我慢?するとします。
MAME V0.35以降では「標準」で添付されます。

今でもまともに?動作する基盤があるのだろうか?
アーケードゲームは「商売道具」ですから、インカムが稼げないと「廃棄」される運命なのは仕方ない&寂しいけれど、そーいうモノでしょうしね・・・
破棄されては勿体無い!と思い、一時期は私も「基盤集め」していたのですが、6畳の部屋が埋まり(^^;;;保管場所に困って泣く泣くすべて廃棄しました。MAMEで多くのレトロゲームが遊べるようになる事を期待しています。
版権問題とかいろいろあるでしょうけど。もう破棄してもいいでしょ。開発者さんたちは儲かったでしょうから。

スポンサーサイト

ミスド。食べ始め。

新年初書き込み。
また「食べ物」ねた・・・(^^;

ミスドでまた紹介してない先行販売(よーするに実験?)のスウィートエッグなるものが。
SWEETEGG
前回の「姫小玉」同様、今回限りの商品になるかも・・・

115円はびみょーなお値段のような気が。
軽くほおばるには良いと思いますけどねぇ・・・